スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イドムくんの明日が見えない1日  その2

いどむ25  50%






イドムくんは何かを考え始めると、常に悪い方向にしか思考が働かないので、極力毎日、何も余計なことを考えないように、自分でも心がけてはいるのです。



しかし、まともに体を動かすことがほとんど無いためか、知らず知らずのうちにイドムくんの意思に反して脳が勝手に、どうでもいいことを次々に考え始めてしまうのです。



あまりにも長期間にわたって無職生活が続いたためか、今では1つのテーマについて、まとまった思考をするということがほとんどできなくなってしまっており、一日中、断片的な考えがランダムに浮かんでは消え・・・の繰り返しだけしかありません。



しかもその発想や過去の回想の全てが、ネガティブなものばかりなので、イドムくんは考えれば考えるほど、ますます心を病むばかりで、今ではどんどんカリスマ廃人への道を突き進んでいく一方なのです。






じょぼじょぼじょぼ






  ふうー・・・まあまあ出たか・・・






イドムくんは起床後、食料を奪取してくる時に、900mlの元充実野菜のペットボトルに水道の水をくんでおいて、それを翌日の昼までに全部飲むようにしています。



以前は頻尿対策で、飲む量を極限まで制限していたこともあったのですが、それによってトータルの尿量は抑制できても、尿意を抑えることが全くできないために、トイレに行く回数はほとんど変わらなかったので、今では健康の方を重視して、水分を十分に取るようにしているのです。






  しかしこんな無職のひきこもりが、健康なんて気にしてどうするんだよって感じだよな・・・


  むしろできるだけ早く死にたいくらいなのに。


  とはいっても、もし重病になったりして、手術とか入院とかしなきゃならなくなったら、またお父さんとお母さんに、多大かつ無意味なお金を使わせてしまうことになっちゃうわけだからなあ。


  その展開だけはダメだ・・・ 絶対に何が何でも避けねば。


  今でさえ十二分に金銭的にも精神的にも迷惑をかけまくっていて、心苦しいなんてもんじゃないのに、さらにこれ以上の大損害を与えるなんて、申し訳なさ過ぎるよ・・・ とてもじゃないけど耐えられない・・・




  でも、まあ、そういう状況になったらなったで、自殺に踏み切る強力なきっかけにはなるだろうから、むしろそっちのほうがいいのかもしれないな。


  今のままじゃ、ぼくのせいで、ただダラダラと一家共倒れへのカウントダウンが進んでいくだけだからなあ・・・




  やっぱり人間って、とことんギリギリの状態にまで追い込まれないと、死力を尽くしてわざわざ現状を変えようとかいう気には、なかなかならないような気がするんだよな。


  特に僕なんかは人100倍の怠け者だから、相当とんでもないことが起こらない限り、自分からなんとかしようとして動くって方向には、なりづらいだろう。
 

  だからといって、わざと重病になるってのもそれはそれで難しいだろうしなあ・・・






いつものように、どうでもいいことを考えながら、掠め取ってきたピーチョコをボリボリ食べているうちに、知らないうちに時が過ぎて午後5時になり、夕方のニュースが始まりました。



そして、ぼーっとしながら画面を眺めてるうちに、いつのまにかCMが流れていました。






  誰だろうな、この若い男の人・・・


  たまーに見る人だけど・・・名前がわかんないな。




  それにしても、えらいイケメンでもてそうな人だよなあ。


  やたらスラッとしててスタイルもいいし。


  たぶん実際もてるんだろうな。

 
  でもって当然のようにやりまくりなんだろうなあああ。


  いいなあ・・・ 何てうらやましすぎる人生なんだ・・・




  やはりこういうのは前世の行いが良かったとか、そういうことなんだろうか。


  僕なんかS○Xどころかまともに女の子と話したことすら無いってのに、この差はいったい・・・


  僕もこんなふうに生まれてみたかったよ・・・




  ・・・いや、そんな大それた望みはいいや。


  せめて、女の子とふつうに友達になれる程度に、最低限の容姿であればそれでもう十分だ。 


  それ以上なんて絶対望まないよ。


  こんな毛虫さんだって避けたがるような、今の妖怪人間みたいな姿じゃどうしようもないもんなあ・・・








  いやいや、やめよう・・・ こういう不毛なことを考えるのは。


  もう全ては既に終わってるんだ。




  僕の人生なんてサッカーでいえば、残り時間1分切ってるのに、30対0とかで負けてるような状況だからな。


  あと数十秒でいったいどうやったら30点とれるんだよと。


  2秒以内に1点とって、それを30回なんて、ネオタイガーショットが使えたって100%ムリだよ・・・
  





イドムくんが毎度のごとくつまらないことで苦悩しながら、テレビの画面に意識を向けると、アナウンサーらしき人が、繁華街で道ゆく人たちに何かを質問していました。






  ・・・しかしテレビに出てる人達ってのは、エキストラとかも含めて、何でこんなにかっこいい人とかきれいな人ばっかりなんだろう。


  まあ、見た目がそんなに良くない人も多少はいるけど、そういう人達にしたって、僕なんかと比べたら、全然余裕で、自信もって人前に出れる水準なわけだしな。


  やっぱり世の中、何だかんだ言っても結局、見た目は重要なんだろうなあ。


  そりゃあ誰でも汚いものよりは、きれいなものの方が好きなのは当然だろうから、しょうがないといえばしょうがないんだが。


  今さらこんなこと悩んだって、意味なく疲れるだけなのはわかってるけど、やはり落ち込むよなあ。



  ・・・って、今度は容姿のせいにする気ですか、このクズは。


  自分の努力不足とか怠け癖や甘えを棚に上げておいて、それはあまりにも自分をかわいがりすぎだろう・・・


  








  でも現実問題として、こんな僕みたいな感じで、見た目が限りなく最悪に生まれちゃって、しかもそれ以外の能力も、全て底辺レベルっていう人は、いったいどういうふうに生きていけばいいんだろうな・・・


  欠点を長所でカバーすればみたいな話はよく聞くけど、僕みたいに長所が何一つないのに、欠点だけは売るほど搭載されているやつだって世の中にはいるわけでさ。




  どう考えても自殺するしかないと思うんだよな、こういう場合は・・・ それもできれば人生のごく初期の段階で。


  37年間探し続けてきたけど、どう考えてもそれ以外に現実性のある選択肢は皆無のような気がするんだよ。


  まあ、僕と同じような悲惨な条件で生まれちゃって、それで自暴自棄になって、周りにどんな迷惑をかけてもいいから、とにかく何が何でも贅沢をして、おもしろおかしく暮らして長生きしたいっていう方向に行く人も、もしかしたらいるのかもしれないけどさ。




  別にそういう生き方を否定する気なんてもちろん無いけど・・・


  僕のような無能ごときに、他人を批判したりする資格なんてあるわけないことくらいはわかってるし。


  とりあえず僕にはそういう強気な生き方は絶対にムリだ。 


  そこまでの度胸というか強靭な精神力は無いよ。


  そもそもそこまで、いい意味でず太い神経があったら、ここまで見事に苦悩と絶望だらけの最下層人生になんて堕ちてないだろうしなあ・・・








  しかし・・・


  こうやって毎日毎日悲劇のヒーローを気取って、ただ絶望感に浸ってるヒマがあったら、お父さんとお母さんに親孝行をする方法をちらっとでも考えてみろってんだよな。




  とは言っても、現時点で僕が実行可能な最大の親孝行は、自分で自分を最高最速で処刑することなんだよなあああ。




  結局またふりだしに戻る、か・・・




「いつもいつも応援クリックしていただいて皆様ありがとうございます」
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
スポンサーサイト

theme : ひきこもり
genre : 心と身体

tag : ひきこもり ダメ 無能

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

Secre

No title

イドムさんは背が低いことを気にしているみたい
ですよね。
私は、女ですが、容姿で一番の悩みは背が高い
ことです。165センチあります。客観的に見れば
それほど高すぎるわけでもないことはわかっては
いるのですが、強いコンプレックスをもっているので
ダメですね。
身長って難しいですよね。
中肉中背の人が、心底うらやましいです。

私が、国立大学に通っていたとき、「人間は背が
低いほうが優れている。脚も短ければ短いほどいい。
女の人はみんなバカだ、ハイヒールなんか履いて。」
と断言していた生物学の教授がいました。
「恐竜も体が大きくなりすぎたから絶滅したのだ。
人間も体が大きくなりすぎると絶滅してしまう。
180センチなんてのは、みんな化け物だ。」とも
言い切っていました。
この教授の価値観で見れば、背がすごく低いイドムさんは
非常に優れた人間ということになります。
イドムさんの文章を読んでいて、この教授のことを思い出した
ので書いてみました。

No title

イドムさんは、猫は好きですか?
もし好きなら、保健所に行って探すとか
してみてはいかがですか?
スーパーなどに、子猫の里親探しています
みたいなチラシが貼ってあることもあるし
探せばお金をかけずに猫を手に入れられると
思います。
ペットショップだと、高いですからね。
私も子供の頃、猫を飼っていました。
飼っていたといっても、母親がのら猫にちくわを
あげたら、そのまま居ついてしまったのですが。
猫も、人間と一緒で性格があり、人なつこくて
かわいい猫もいますから、イドムさんやお母さんに
とっても潤滑油みたいな存在になってくれるかも
しれないですよ。





No title

イドムさん
はじめまして こんにちは!
ブログ 正直ですね。ある意味気持ちがいいです。

私も いちいち 全部自分が悪いと思ってきた人間です。

はじめましてなのに いきなりなんですけど・・・

私は 
自己啓発系の 本が好きです。
自分に フィットした いい本は 
やかましく 私を 叱ることなく
私の 未熟で小さな 良い力を 応援して 伸ばしてくれるから
大好きです。

イドムさんに フィットするんではないかと思い・・
一冊 オススメです。

「思いやりの 人間関係スキル」て 本
面白かったです。

私にとって 何が面白かったというと

自分の 人間関係の駄目加減も
ああー スキルがなかっただけだなー って思える部分が
多々みつかり 楽になったことで
自己否定から 遠ざかったことと
スキルを磨けばいいだけの事 と 
スキル磨きに 前向きになれたことです。

あとは 自分が 何故こうなのか・・など
自分を見つめる問題が 多々でてきます。
自分の いろんな 原因を探ることもできます。
ペン必須です。
この本は
自分に有意義な質問を沢山なげかけてきます。

私にとって この本は いい聞き手にも なってくれた本で
人間関係の考え直しを 手伝ってくれる力のある本でした。

この本は 3800円ですが 
ネットの Amazon の中古なら  1300円とかで 売ってます。
送料合わせても 1600円くらいで
ポストに届くはず。出かけなくても 良し。

一人で 人間関係のお勉強をできる本なので
罪悪感ゼロの建設的な ヒキコモリタイムが 
一ヶ月くらい 楽しめると 思い オススメしました。
なかなか 分厚い本です。

活字がお嫌いみたいだし
私が オススメした本は そそられないかもしれませんし
もしかすると 合わないかもしれないですね。

ただ
イドムさん は 今の じぶんに合う
いい本に であってないと 私は 思いました。

ネットの Amazon検索は 面白いと思います。
気になるワードを 書けば 沢山 
関連書が でてくると思うし。中古もでてくるから 
安く手に入るし 
ポストに届くから いいですよ★

どうかじぶんに優しくしてあげてくださいね

イドム君へ

イドムくんは無職のことに
すごくコンプレックスをもってるみたい
だけど、まずはそこは悩まなくて
いいと思う。イドム君はすごい感受性の強い
人だと思います。人は楽しい思い出よりも
辛い苦しい思い出が心の中にいつまでも
残りがちなんだと思います。
イドム君のその感受性はどうしても
人の普通の辛さの何倍も何十倍も感じて
心に残してしまうんだと思います。
でも楽しいと感じれば人の何十倍も
楽しめると思う。
そんなふうになかなか思えないのもわかる。
でも生きてる限りきっと抜け出せると思う。
まずは今に感謝。今を大事に。
思えなくても毎日習慣で心がけて。
そうするといつか本当に思えるときが必ずくる。
そして今を楽しめる。
働く事よりも、そうゆうことのほうが
本当は人間には一番大事なことなんだよ。
イドムくんはこうして今まで生きてるだけで
とってもすごいことなんだよ。
あと、ペットボトルの蓋を集めてみるとか、
200個とかで難民一人を救えます。
それだけでイドム君の生きてる価値が十分あるし。
わたしはイドムくんが楽しめるように
祈ってます。

どうでもいい

イドムくんはじめまして
なんかイドムくんがすべて嫌になる気がわかる。
すべてめんどくさい。
ジャンプ昨日読みましたか?
お天気いい日はさらに嫌になっちゃう。
生活のお世話になってる人にお返ししたいとおもうよ。
だけど現実出来てない。だけど生きてるんだからしょうがないわな。
二八の八は死ななきゃならないって法則なかったよね?うん。
とりあえず生きてるんなら迷惑かけてても出来るだけ明るい方が喜ばれるかな。癒し系で。
珍しくポジティブ。
せめて部屋掃除でもしよ~と。あとは寝ます。

こんばんは

改めて読み返してみると、面白い!
最近、更新されてないですね?体調が良くないのかな??
わたしはイドムくんとお話がしてみたいです。
わたしもヒト100倍怠けものですよぉ。

No title

こんにちは。
地下鉄に乗っているときとか
カフェでくつろいでいるときとか
ふと、「イドムさんは、今何してるのかなあ。。」
と考えることがあります。
。。。あまり自分を責めすぎないように気をつけてくださいね。
ところで飯島愛さんの死亡に関して気になるニュースが
ありました。
愛さんは、薬の服用に関して渋谷警察に相談に行っていたみたいです。
飯島愛さん 「精神的におかしくなってしまった。」
警察官   「どうしておかしくなったのですか?」
飯島愛さん 「薬を服用してからおかしくなってしまった。」
このようなやりとりがあったとテレビ朝日で報道していました。
また今年1月にはヒース・レジャーという有名な俳優が精神科の薬の
過剰摂取により中毒死をしています。彼は不眠に悩んで去年の
11月から睡眠薬を服用していたみたいです。Wikipediaにも出て
います。
精神科にかかることにより、若くして亡くなる人が大勢います。
私は以前生命保険の仕事をしていたこともあり、そういう被害者を
たくさん見てきました。
イドムさんは、ごくたまに薬をまとめて飲んだりするみたいですが
絶対やめてくださいね。
前にも書いたけれど、精神科と縁を切ったほうがいいですよ。

No title

武者駆車師弟太さんはイドムくんじゃないんですよね?

なんかそこらへんが曖昧なんで素直に読めないですね。

創作ならひきこもりのブログ村に入ってるのはおかしいし。

No title

なんか、まったく更新しなくなっちゃいましたね。。

あ!

コメントが整理されている! てことは
イドム君無事だったんだなーー!良かった!

まったく更新されてないのに順位が下がらないのは
すごいことですよ あなたの文才に期待している人が
沢山おられます どうかお早目のご復活を!

No title

私もイドムくんと同じようなことを考え、皆同じようなことを考えるものだと思いました。
私もお菓子が好きだし、ドラマなど見る気がしなくてニュースばかり見てるし、週刊少年漫画の立ち読みするし、
イドムくんとは共通点が多いです。
死にたいやつと死んだほうがいいやつは死ぬことができたら、いいんでけどね。この先の人生と、死んだ後、何回も
繰り返される生き死にの繰り返しを考えると絶望的な気持ちになります。
もっと更新もらえることを楽しみに待ってます。

No title

そもそも37歳は中年じゃないと思うが

No title

今更ながら勝手にリンクさせてもらいました!

この先、更新されることがあるのかどうか分からないけど
イドム君の幸せを祈ります!

あ、これはフィクションか。

さっさと死ね

読んでいてイライラしてくる。

やってみもしないうちから自分の能力を決め付けて
自分を責める、なーんてお手軽な方法で自己満足。
お前は自分を責めていれば
何かしら意味があると思っているのかもしれないが、
お前が自分を責めることには全く意味が無い。

世の中の全ての人間にとって、今のお前は無価値だ。

お前がこの世に存在する為に意味を持つ唯一の方法は
歯を食いしばって世の中で生活していく事だ。
普通の人が出来る事が何一つ出来ない、蔑まれ罵倒されそれでも
外に出て金を稼げ。
どんなバイトでもかまわん。
どれだけ面接に落ちても、当たり前だ。
一回面接に落ちたら、落ち込むなんて資源の無駄をせず、次回の策を練れ。
最初から一般人と同じことができるなんて奢るな。
クズはクズなりのスタート地点があるだろう。

今のまま、親が死んだらお前はアウトだ。
もう後は無い。

クズとして今すぐ自殺するか、死ぬ気で外に出て死ぬ気で自活するか、
二つに一つだ。
いずれにしろお前のブログは身勝手な腐敗臭が漂っていて
不愉快な事この上ない。
腐ったりんごは周りのりんごも腐らせる。
お前のような腐敗物は周囲との接点なんて持ってはいけない。
周囲と接点を持ちたければ、腐敗部分を切り捨ててからにするんだな。

No title

イドムくんのブログもっと見たいです(=^・^=)

No title

イドムさんこんにちは。私は、心の病にかかっていますが、まだ、引きこもりになったことは、ありません。

それは、「負けたくない」から。自分がこの世に生まれてきた意味を知りたいから。生まれる前に、神さまと約束してきたことを忘れたくないから。。。

短所というのは、長所と裏表の関係だって、知っていましたか?人からイジメられやすいというのは、裏を返せば、「心が優しい」ということなのです。長所も短所も、その人の一つの性質を、いい風に表現するか、悪い風に表現するかだけの、違いなのです。

引きこもりになっている人は、みんな「傷つくのが恐い」のだと思います。私は、毎日外に出て、「傷つきまくって」います。傷つきまくっていると、そのうち、傷の対処の仕方がだんだん身に付いてくるものです。(「免疫」ができてくるのです。)

イドム君、一人だって思わないで。神さまは、いつも、私たちみんなのことを、ひとときたりとも忘れずに、見守ってくれているのだから。命に優劣は、ないのです。どの命もみんな、尊い命なのです。

日本中の引きこもりで苦しんでいる人たちが、癒されますように。。。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

武者駆車師弟太

Author:武者駆車師弟太

バックナンバー
最初からお読みになりたい方は こちらからが便利です
ランキングに参加しています
いつも応援クリックして頂いて皆様ありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。