スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イドムくんのありえない1日 その6

いどむ6  50


イドムくんは、いろんな雑念に悩まされながらも、週間現代、週間ポスト、アエラ、読売ウィークリーをパラパラとめくり、なんとか月曜日のノルマを全てクリアしました。



この時点で店に入ってから1時間ちょっとが経過していました。






  ダメだ・・・ 全然集中できないや・・・


  活字っていうか、長い文章を落ち着いて読んでられないんだよな・・・ 

  何でだろう・・・ そういえばマンガ以外のまともな本なんて、もう10年以上は読んでない気がする・・・




  まあいいや、そろそろ帰るか・・・ この前はチーズだったから今日はサラミにしよう・・・






以前は立ち読みをしても、いつも何も買わずに店を出ていたのですが、ここ数年ははどこに行っても店員の態度の冷たさが限界突破してきたため、最近はしょうがなく出禁防止のためにうまい棒を1本だけ買うことにしているのです。
  


「10円になります・・・」


  
さいふを取り出し、全財産850円の中から50円玉を渡そうとすると、20代前半くらいの女性店員は露骨に嫌そうな態度でお金を受け取りました。






  うう・・・ 僕の手に触るのがそんなに嫌だったのかな?・・・

  テーブルに置いてあげるべきだったか・・・ 失敗したな・・・






店員は「このままでもよろしいですか?」とも言わず、いきなりうまい棒にシールを貼り、おつりの40円をテーブルに無言で置きました。






  ・・・このお客さん、たまに来てさんざん立ち読みしまくっても、いつも10円しか使わないのよね・・・


  それだけならまだいいんだけど、汚れた服と悪臭で完全な営業妨害状態で・・・


  まあ、この人はこの人なりに、いろいろ事情があって大変なんでしょうけど・・・






イドムくんが店を出る時、「ありがとうございました」の声はいつも通りありませんでした。



自転車に乗り、うまい棒を食べながらまっすぐ家に帰ります。






  ・・・もういいかげんビクビクしながらコンビニで立ち読みするのも疲れてきたな・・・


  リアルタイムで話を追うのをやめて、単行本化されるのを待って、ブックオフで中古を立ち読みするという方法もあることはあるんだけど、ブックオフも自転車で行ける距離の店はどこもメチャクチャ入りづらくなってるんだよなあ~・・・


  あの店員達の冷たい態度はかなりのストレスなんだよ・・・ 僕は見た目とは裏腹に結構傷つきやすいタイプだから・・・


  最近はどの店舗に行っても誰も「いらっしゃいませ、こんにちわ」って言ってくれないもんな・・・ 


  で、他の人が入ってくるとやたら明るくみんなで言うんだよ・・・


  何も買わずにずーっと何時間も立ち読みばかりしている僕が悪いのはもちろんわかってるけどさ・・・


  いちおう僕なりに多少は気を使って月に一回くらいは105円の漫画を一冊買ってるんだけど、その程度じゃあ全然ダメだってことなんだろうな・・・


  でも一ヶ月のおこづかいが3000円の僕には105円の本でも苦しすぎるんだよ・・・




  ・・・わかってるよ・・・ ただの言い訳だってことは自分が一番・・・

  だったら働けばって話だもんなあ・・・・・・




「いつもいつも応援クリックしていただいて皆様ありがとうございます」
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
スポンサーサイト

theme : ひきこもり
genre : 心と身体

tag : ひきこもり ダメ 無能

comment

Secre

No title

コンビニやブックオフでビクビクしながら
立ち読みするより、図書館で本を借りたり
雑誌を読めばいいのではないですか?

それから同年代の人とはコミュニケーションする
のは大変かもしれませんが、掃除のバイトとかで
年配の人相手だと、割と平常心でいられるのでは
ないですか?
イドムさんは文章も上手いし、自分に合った職場であれば
働ける気がします。
イドムさんみたいな気持でいる人結構多いと思いますよ。
ところでカエルのカウンターがすごくかわいいですね。

感謝です

貴重な時間を割いて、わざわざ僕なんかのブログを見ていただいてありがとうございました。
コメントすごくうれしかったです。
プロフィール

武者駆車師弟太

Author:武者駆車師弟太

バックナンバー
最初からお読みになりたい方は こちらからが便利です
ランキングに参加しています
いつも応援クリックして頂いて皆様ありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。