スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イドムくんの末期的な1日 その1

いどむ10  50







考え事をする→そのうち何とか運良く眠れる→すぐに尿意を感じて起きる



このサイクルを何度か繰り返しているうちに、やがて朝になり、昼近くになりました。





  
  ・・・11時か・・・そろそろ起きようかな・・・ 


  さて、今日はどうしよう・・・






イドムくんが昼前に起きる理由は、社会復帰に備えて、できるだけ昼夜逆転しないようにしているという意味も多少はあるのですが、実はただ単にお父さんからいろいろ小言を言われるのを恐れてビクビクしているからなのです。



別に午後まで寝るなとか注意されたわけではないのですが、何か言われそうな要素は極力最小化しておきたいのです。



それほどまでにイドムくんはお父さんに怒られることを極度に恐れ、毎日毎日24時間ずーっとおどおどしながら、息をひそめるようにして生活しているのでした。






  ・・・まあ・・・こんな、昼前に起きるようにする程度じゃ焼け石に水というか、ほとんど何の意味も無いに近いのはわかってるんだけどな・・・


  毎朝6時に起きるとかだったら、かなり意味があると思うけど、さすがにそこまではちょっと厳しいしな・・・


  別にこんなことしてたって、誰かが見てるわけじゃないんだから、間違ってもお父さんからの評価が上がるなんてことはありえないわけで・・・


  てゆーか、そんなどうでもいいようなことにこだわってる余裕があったら、さっさとバイトでもしろとしか言われないだろうな・・・  


  まあ、それができるような性能だったら、そもそもここまで壊滅的に落ちてないわけで・・・






とりあえず、いつものように気配を殺しつつスピーディーにトイレに行き、やかんにたまった尿をドバッと捨て、ついでに大きいほうをドカッと出し、台所に食べ終わった食器とゴミの袋をひそかに置いて、朝昼兼用ごはん&おやつを奪取して部屋へと戻りました。



テレビをつけてぼーっとニュースを見ながら、ごはんをバクバク食べていると、昨日の通り魔の事件が流れていました。






  ほおー・・・ 彼は引きこもりだったのか・・・


  しかし、引きこもりって言っても全く外に出られない真性の人と、多少は外に出られる、今の僕みたいな準引きとか半引きとでは、内容的にはまるで違うんだけど、マスコミはどっちもごっちゃにしてるような気が・・・


  僕が真性から今の状態に建て直すまでだって、メチャクチャ大変で、結局3年近くもかかったし・・・


  しかしそんな努力は周りにしてみれば何もしていないに等しいんだろうな・・・


  一般の人達からしたら真性も準引きも同じにしか見えないんだろう・・・


  別にマスコミとか一般の人達を批判したりとか、そういうつもりは全然無いんだけどさ・・・




  まあ確かに、働いていないという一点だけで、存在全てを否定されてしまうのが今の世の中なわけだからな・・・  


  それに適応できなかった僕ごときに、何も言う資格が無いのはもちろんわかってるよ・・・


  働いてないってことは、つまり社会に対して何も貢献してないってことだからな・・・


  僕みたいなシロアリ以下の寄生虫は、やはりなるべく早くみんなのためにも死ぬべきなんだ・・・


  


   
ニュースによれば5人が死亡、8人が重軽傷とのことでした。






  はあー・・・すごいな・・・ ナイフ2本だけでよくこんなに殺せたな・・・


  引きこもりにしてはすさまじい戦闘力だ・・・ いったいどんだけ強力なナイフを装備してたんだよ・・・ 
 

 
 
  ・・・しかし、よくこんなことやろうと思うよな・・・


  こういう人は引きこもりの中でもかなりのレアケースな気がするよ・・・


  正直こういう人と大部分の引きを、全部一緒みたいな感じで報道されると、ちょっとつらいんだよなあ・・・


  ただでさえバイトすらできない自分を自分で毎日責めに責めて、いつも頭の片隅に自殺の2文字がちらついてる状態だってのに・・・


  そのうえさらに周りから、凶悪犯罪を起こす5秒前みたいに扱われるなんてことになっちゃったら、もうとてもじゃないけど2度と外に出る気力なんて出ないよ・・・ 




  せっかく無理やり頑張ってこのレベルまで復活したのに・・・



  ・・・いや、それは違うか・・・ やっぱり僕が甘えてるんだ・・・


  僕がこうやって、どうでもいいことを考えている間にも一般の人達は、みんな頑張って働いているんだもんな・・・








  ・・・でも僕のイメージでは大部分の引きこもりは、気弱な人がほとんどで、最終的には自殺する以外の選択も発想も無いと思うんだがな・・・


  僕なんか完全自殺マニュアルを、蛍光ペンでガンガンに線引きまくって、マジで受験生なみに読み込んだくらいなのに・・・


  そういや1冊目はバラバラに分解するまでしょっちゅう読んでたよなあ・・・


  今うちにあるのはたしか3冊目だ・・・ まあ、さすがに音読まではしなかったけどさ・・・


  そんなものを必死で読み込むくらいなら、その分のパワーを学校の勉強とか、資格の勉強とかにまわせばよかったのにとか言われそうだけどな・・・


  確かにそのとおり・・・ そう言われても何も反論できないよ・・・








  結局、心が弱いんだろうな・・・ 昔っからちょっと苦しい展開になると、すぐ自殺する方向に意識が流れてたからな・・・


  あらゆる現実上の困難から逃げて逃げて逃げ続けて、最後は人生からも逃げると・・・


  まあ、何一つ他人にプラスを提供できる能力が無いだけじゃなく、世の中に迷惑をかけることしかできない、ゴミ以下の僕にふさわしいラストではあるがな・・・ 




「いつもいつも応援クリックしていただいて皆様ありがとうございます」
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
スポンサーサイト

theme : ひきこもり
genre : 心と身体

tag : ひきこもり ダメ 無能

comment

Secre

こんばんは

引きこもりに種類があるというのは
なんとなくわかる気がします。
割と上の世代だったり、
割と人生が順調な人こそ、
一つの言葉に押し込めちゃったり
するんですよね。


No title

おもしろいブログはないかなあ、とランキングやキーワード検索
などで探してみるのですけど、なかなか見つからず。。。
今ちょこちょこ覗いているのは、
タレントの杉浦太陽さんのブログと
kebichan55さんという方のブログと
そしてこの間発見したばかりのイドムさんのブログのみ。
いろいろなブログで、写真や動画を貼っているのを
見ますが、イドムさんみたいに自作の絵を貼っている
ブログは見たことがありません。
イドムさんの絵は、なんか味があっていいですね。
自分を責めて苦しんでいる様子とかが、ダイレクトに伝わって
くるので共感している人も多いんじゃないかなあ。。。
私はパソコンのスキルとか全然ないので、ブログの開設
とかできないです(涙)。
ところでkebichan55さんのブログは精神科の治療で被害に
遭った人の事例などを紹介しているので、時間がある時に
少しづつでいいので是非是非覗いてみてくださいね。
参考になることが書かれていると思いますので。
kebichan55でYAHOO検索すると出てきます。

No title

こんなブログをいつもいつも見に来ていただいて本当に感謝です。


りんごさんのコメントのおかげで、ちょっとやる気回復しました。

はじめまして

はじめまして。小笠原毅といいます。

僕もブログ村のひきこもりカテゴリーにてランキングに参加しています。そこからこのブログを知りました。それから自分のブログにもリンク貼らせてもらいました(事後承諾)。

なんなんでしょう、この武者駆車師弟太 さんの書かれるお話のリアリティは。ありとあるひきこもり等の人たちは、自分に鏡を差し向けられてるような気分になるんじゃないんでしょうか。

僕も苦笑いしつつ、楽しみにしています。更新がんばってください。イラストも方向性?が一貫していてすごくいい。

うまいですね。

イラストも文章も上手ですね!
どこまでがノンフィクションなのかも興味深いです。
私も精神科に通っています。
薬がないと動けないし眠れない。という感覚は本人にしかわかりませんよね…
家にこもっていると感情がぐるぐる思考になり抜けられなくなるのもわかります。
続きが楽しみです★

小笠原毅さまへ

わざわざ来ていただけただけでもありがたいのに
リンクまでしてもらえるなんて・・・

本当にありがとうございます。

さっそくそちらのブログも拝見させていただきました。

小笠原さんのまじめな人柄がよく表れていて、いい感じですね。

こちらからも相互リンクさせていただくことにしました。

今後ともよろしくお願いいたします。

あいさまへ

お褒めのコメントありがとうございました
すごーくうれしかったです

今後も頑張り過ぎないように、なんとか今のペースで書いていけたらと思っています

日向夏とどをさまへ

いつもいつも来ていただいて本当にありがとうございます。



お恥ずかしい話ですが
自分はそこまで難しいことを考えて書いてないんですよ・・・


とどをさんは語彙も表現も豊富でうらやましいです。

No title

真性と準引きは違う...
同感です!

いっちっちさまへ

コメントまでしていただいて本当にありがとうございます。




まあ、真性でも準ひきでもどっちもしんどいことに変わりはないんですけどね・・・
プロフィール

武者駆車師弟太

Author:武者駆車師弟太

バックナンバー
最初からお読みになりたい方は こちらからが便利です
ランキングに参加しています
いつも応援クリックして頂いて皆様ありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。