スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イドムくんの末期的な1日  その6

いどむ15  50%





オナニーするのももはや面倒くさく、37になった今でも、その行為自体に意味不明の罪悪感を感じているせいもあって、 今日は抜くのは無しでふとんに入りました。


そして考え事をしながら、何度か小便をやかんにチョロチョロ出しているうちに、 いつのまにかイドムくんは運良く眠りの世界へと旅立っていました。


しかし、いつものごとく1時間もしないうちに、尿意を感じて目が覚めてしまいました。






  ・・・30分は眠れたか・・・ 毎度のパターンとはいえ、いいかげんもう疲れたよ・・・


  いったいどうなってるんだ、僕の膀胱は・・・


  ・・・まあいいや、とりあえず出すか・・・






じょぼじょぼじょぼ・・・


パンツを一気にずり下ろして下半身をフルオープンし、やかんのふたをあけて、チンポを真上から突っ込んで尿を全開放し、 手を洗いもせずにそのままふとんへと戻ります。



  


  ・・・そういや小学校の時、子供ながらに自分のおしっこの回数は異常なのかもって感じて、 ためしに夜中にトイレに一回行くたびに正の字をノートに書いてみたんだよな・・・


  で、翌朝ノートを見たら何と20回で・・・ 


  でも別にその日は特別行く回数がいつもより多かったというわけでもなくてさ・・・ 
 

  なんとなくおかしいと感じてたことが、あの日数字という形ではっきりわかってしまったんだよな・・・ 






  ・・・こんな状態でやれる仕事なんて世の中に存在するわけないよなあ・・・


  起きてる間を含めたおしっこの回数は数えたことないけど、下手したら100回超える日もありそうだな・・・


  まあ、毎日毎日1日のトータルで100回超えてるって判明したとしても、もう別に驚かないけどさ・・・


  僕の人生なんてとっくの昔に事実上終わっちゃってるわけだし、今さらわざわざ数えてみようとは思わないけど・・・
 




 
  ・・・でもなあ・・・


  もし僕が万が一また働くとしたら・・・ 


  そんな99.9%ありえないこと考えても意味無いのはわかってるけど・・・


  もしもそれが現実化したとなったら、やはりこのおしっこの問題はどうしても避けては通れないだろうな・・・


  別にこいつをクリアしたからって他にも問題は山ほどあるんだから、どのみちまた働くなんて不可能なのは確定なんだが・・・






  ・・・とりあえず僕がおしっこを我慢できるのは、 どんなに水分をセーブしても最高もってギリギリ1時間くらいだろう・・・


  実際コンビニとかの立ち読みでは、途中のトイレ休憩なしで1時間もったことは何度もあるしな・・・


  通常のたまり具合なら、めいっぱい頑張ればたぶん何とか30分は我慢できる・・・はずだ・・・


  ということは、もしまた僕が外で働くとしたら、最悪でも1時間ごとにトイレに行ける仕事じゃないとダメなわけだ・・・  


  ・・・いやいや、それは僕が万全の準備をして、さらに超頑張った時のパターンを想定してるわけだから、 無理ありすぎだよな・・・


  そんなに毎回毎回フルパワー以上を絞り出してたら、僕程度の精神力じゃあ、3日ともたずに間違いなく潰れるよ・・・


  しかも1時間我慢すると言っても、ただ耐えてるだけじゃなくって、 仕事をちゃんとこなしながら、っていう条件つきなわけだからなあ・・・


  僕のことだから、おしっこを我慢してたら、そのことだけで頭がいっぱいになっちゃって、 とても仕事やってるどころじゃないみたいな精神状態に陥って、速攻で解雇か辞職って展開になる可能性が大だよ・・・


  やはりもっと余裕をもった、僕みたいなトップクラスのダメ人間でも、 なるべく自然な形で継続できるような、現実性のある方法を考え出さないと・・・


  となると、一番理想的なのはトイレにいくらでも行き放題っていう職場なわけだ・・・


  ・・・しかし・・・ そんな職場地球上にありうるのか?・・・ 


  頑張って粘り強く探せばどこかにはあるのかもしれないけど、 今の廃人状態の僕に、そこまでして探すほどの気力があるとはとても思えない・・・


  一人で自営で何かできるほどの特殊な能力があれば、とっくの昔にやってるしな・・・






  ・・・とは言っても実はこの問題だけならば、最悪、 高齢者用のおむつを装備しながら働けば解決する程度の問題でもあるんだよなあ・・・


  それはわかってるんだよ・・・ つまりもっとヤバい問題が僕の中にはいくつもあると・・・


  考えてもしょうがないから、あえて考えないようにしてたわけで・・・






イドムくんの頻尿は、間違いなく病気レベルで、日常生活に支障をきたしまくる程の重症ではあるのですが、 実はイドムくん自身は、今はそれほどこの問題に関して深刻に悩んでいるわけではないのです。


なぜなら、頻尿をはるかに上回る、克服不可能に限りなく近い最凶クラスの難題が、 イドムくんの中には他にいくつも巣食っているからです。


それらの致命的とも言えるほど極悪な問題に比べれば、その場しのぎ程度でいいのなら 対応方法がいくらでも思いつく頻尿の問題などは、全く取るに足らない、ささいなことだというわけです。  






  おしっこの問題があるから、これのせいで働くのが無理なんだとは、今は全然思ってないよ・・・


  ・・・っていうか、たぶんこんなの大した問題じゃないはず・・・


  たしかに働く上でかなりの障害であるってのは事実なんだけど、しょせん頻尿なんてのは、ただの表面的な現象であって、 本当の問題はこれを引き起こしてる、精神的なストレスとかそっちの方なんだよな・・・

  
  つまり、僕の根本的な心の弱さを何とかしない限り、結局どうしようもないってことなんだよなあ・・・


  精神の移植手術なんてブラッ○ジャック先生だってできるわけないし・・・


  こいつをどうにかするには、一回死んで生まれ変わるしかないんだろうな・・・


  やっぱり、意味の無いことを考えてもろくなことは無いな・・・ よけい落ち込んで暗くなるだけだ・・・


  まあどのみち僕の将来なんて、どう転んだって絶望しかないわけだから、 あらゆることがどうでもいいといえばいいんだけどさ・・・




「いつもいつも応援クリックしていただいて皆様ありがとうございます」
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
スポンサーサイト

theme : ひきこもり
genre : 心と身体

tag : ひきこもり ダメ 無能

comment

Secre

No title

ネタ提供になるかどうか……

僕も、緊張しやすく更にそれが原因でおなかを下しやすく、それで就労に関して困難を抱えてきました。ものが小ではなく大の方なだけに、「ちょっとトイレへ…」というのもとても恥ずかしかった。

で、小の方、頻尿でできる仕事ってあるか?と今考えてみました。
そしたら、牧場とか果樹園とか、そういうのが思い浮かびました。
要は自分の土地ですから、いくらでもその辺におしっこしていい、ってことというか。

思いつきです。

No title

イドムさんの頻尿はかなり重症なのですごく
辛そうですよ。そんなにちょこちょこ目が覚めるの
では、眠っていても疲れがとれないだろうなあと
心配になってしまいます。
頻尿より辛い精神的なこととは、対人恐怖的な
ことですか?
無職だったり、日雇い的な不安定な仕事をしていれば
自信を失って情緒も不安定になりがちですから、対人
恐怖的な感情は出てきやすいですよね、自然な感情
だと思います。
イドムさんは絵心もあるし、文章もうまいので、雑誌とかに
連載してもらえるように売り込んでみてはどうですか?
在宅での仕事なら頻尿の問題もクリアできるでしょうし。
頻尿についてはストレスで自律神経が参ってしまっている
ことも大きく関係していると思うので、あまり自分を苛めない
ことも大事だと思いますけど。
あとは体を冷やさないように気をつけてくださいね。
こたつで寝たりすると体によくないですから、プラスティック
(ポリエチレン製)のゆたんぽに程よい温度のお湯を入れて
いつも体を温めるようにしてみてくださいね。
私はテレビを見るときとかも、ゆたんぽをふとももの上に
乗せて布団にはいった状態で見てます。あったかくて気持ち
いいですよ。

小笠原毅さまへ

いつも来ていただいて本当に感謝です。




小でもきついのに大だったら仕事どころじゃないですよね・・・

りんごさまへ

毎回見に来ていただいて、ためになるコメントまで書いてくださっていつも感謝しています。





ゆたんぽをふとももの上にですか・・・初めて聞きましたがおもしろい使い方ですね。

No title

部屋の掃除をしてみてください!
環境を変えるのはスゴク大事な事みたいです。

挑夢さんの素直な文面が素敵です。
素直に書くこと、素直になること、これスゴク難しいですよね。
でもそれが出来てる挑夢さん、素敵ですよ。

マルボロさまへ

いつも見に来ていただいて、本当にありがとうございます。




そうじですか・・・

意外とそういう地味ーなところにヒントがあったりするのかもしれませんね・・・
今度試してみます。

No title

また見させていただきました!
応援ポチッ!!!

サトシさまへ

また見に来ていただいて、
しかもコメントまでしてもらって本当にありがとうございます。
プロフィール

武者駆車師弟太

Author:武者駆車師弟太

バックナンバー
最初からお読みになりたい方は こちらからが便利です
ランキングに参加しています
いつも応援クリックして頂いて皆様ありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。