スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イドムくんの危うい1日 その1

いどむ16  50



  

イドムくんは通常ふとんの中にいる時は、精神の崩壊を防ぐために、極力人生の意味とか将来のこととか昔のことのような厳しい問題については考えないようにして、マンガやゲームなどのどうでもいいようなことを考えながら眠りが来るのを待つようにしているのです。


ですがイドムくんの夜は非常に長いので、やはり一晩に何回かは、気づいたらいつのまにか、そういう考えたくないことを脳が勝手に考えてしまっているのです。






あまりにも眠れな過ぎて、頭がおかしくなりそうな時は、しかたなく自殺用に貯め込んである、精神科でもらったデパスかレキソタンを使用します。


イドムくんの場合、体が限界まで疲れ切っていて、全身がだるくてしょうがないのに、極度の緊張のせいか神経が異常に敏感になってしまっていて、何十時間も眠れないままの状態が続く時がたまーにあるのです。


そういう時には、精神科の薬を2、3シートほど一気に胃にぶち込み、半ば強制的に意識を遮断し、無理やり体を眠らせることにしているのでした。


どんなに大量に飲んだとしても、この程度の薬だけで自殺を完遂できるなどとはもちろん思っていませんが、少しでも自殺の成功率を高めるために、メインの自殺方法の補助として使用する予定であり、なるべく飲まずに押入れの中のダンボール箱に貯蔵しているのです。


 

そしていつものように、わずかな眠りと、無数の排尿を繰り返しているうちに朝がやってきました。





  ・・・今日はちょっとこれ以上は眠れんな・・・


  まだ10時半か・・・少し早めだけど起きるか・・・


  しかし、普通の勤め人だったら、もうとっくの昔に出勤してガンガンに働いてる時間なんだよな・・・


  いったいこれのどこが早めなんだよと・・・


  今では自分でも信じられないことだけど、僕も一時それをリアルでやってたんだよなあ・・・






  あの頃はバイトに行く前日になると、家にいる時からずーっと緊張しっぱなしでさ・・・


  次の日のシミュレーションを脳内で何度も試行錯誤しながら、なんとか十分な睡眠を取ろうとしていっつも超早めにふとんに入ってたんだけど、「早く寝ないと早く寝ないと」って焦るばっかりで、結局朝までほとんど眠れなくてなあ・・・


  限りなく睡眠ゼロに近い状態のままで、気合いで出勤したことなんてしょっちゅうだったけど、そうすると、ただでさえ無能なのに、いつも以上にミスを連発しちゃったりしてさ・・・


  せっかく頑張って出勤しても、みんなに迷惑をかけまくって、上司とか同僚から鬼のように怒鳴られまくるだけでな・・・






  ・・・そういや仮病つかって休んだり、何も言わずに無断欠勤したり、そのまま音信不通になったりとかメチャクチャやっちゃったことも何度もあったよなあ・・・


 突然当日になってから「休ませてください」っていう電話がどうしてもかけづらいというか苦手というかさ・・・


  最低もいいとこだったよな・・・ 本当に悪いことをしたよ・・・


  何でそんな人としてあたりまえのことすら普通にできないんだよと・・・


  他人に対する最低限の礼儀とか配慮とか、そういうことがまるでダメだったんだよな、僕は・・・


  大迷惑なんてもんじゃないよな、会社からしたら・・・ あんなのほとんど損害賠償ものだろう・・・


  会社にプラスを提供するために行ってたはずなのに、実際は逆に会社にダメージを与えるばっかりでな・・・


  ほとんどライバル会社から送り込まれた工作員が破壊活動をやってるに等しかったよ・・・






  はっきりいって僕の気の弱さは、オリンピックでその手の種目があったとしたら、確実に金が狙えるほどのヤバさだからな・・・


  僕の場合、人からしかられたり、怒られたりすることに対する恐怖感が、どういうわけか人並みはずれて強すぎるみたいなんだよなあ・・・


  どうしてこんなに僕は昔っからビクビクオドオドしてばっかりなんだろう・・・


  まあ・・・自分としてはギリギリの体調と精神状態の中で、自分なりにできうる限りを尽くしてたつもりだったんだけど、やっぱり僕みたいな欠陥品が、へたにやる気出しちゃって働きに行ったりしても、逆にみんなのお荷物になるだけなんだよな・・・ 






  ・・・生まれてごめんなさい、か・・・


  今さら何億回謝ったって、僕がみんなにかけた迷惑が帳消しになるわけはないんだけどさ・・・


  やっぱり死んでみんなにおわびをする以外に、僕に残された道はないんだよな・・・






ピンポーン!




しばらくぼーっと天井を見ながら、ふとんの中で考え事をしていると、突然玄関のベルが鳴りました。




ビクゥゥゥッ!!!


イドムくんの全身に緊張が走り抜け、全身がガクガクと震え出し、心臓が超スピードでドックンドックンし始めました。




ピンポーン! 




イドムくんの体は、意味不明の恐怖で完全に硬直してしまっていて、ふとんから出ることすらできません。






  ・・・なぜ・・・誰も出ない?・・・ お父さんもお母さんも今日は仕事の日ってことか・・・





ピンポーン! 「宅○便でーす」






  ・・・頼む・・・早く帰ってくれ・・・ うちは留守なんだ・・・ 僕は居るけど居ない人なんだよおおお・・・ 






その後、さらに一回ベルを鳴らしてから、ドライバーは不在証明をポストに入れて帰っていきました。






  はああああー・・・ 


  やっと帰ってくれたか・・・ 朝っぱらからこれはきつい・・・ 確実に寿命が1年は縮んだよ・・・ 






今ではイドムくんは玄関のベルだけでなく、電話が鳴っただけでも全身が恐怖でビクッと痙攣を起こしてしまうほどに心が脆い状態になってしまっているのです。


当然ながら電話に出ることもできません。


そのため、お父さんとお母さんが外出している間は、来客も電話も全て放置せざるをえないのです。






  ・・・いつからこんな状態になっちゃったんだっけ・・・


  小学生のころは電話は取れてた気がする・・・ たぶん玄関も開けれた・・・


  やっぱ中学からだな・・・ 全てが決定的におかしくなり始めたのは・・・


  でもって、バイトに行き始めて、完全にとどめをさされたって感じか・・・


  バイト先では別に殴られたり蹴られたりしたことはなかったけど、そのかわり心が修復不可能なほどバキバキに粉砕されちゃったみたいな・・・


  ・・・まあ、もともと小さい頃から、将来的にどう足掻いても一生敗者のままで、誰からも見下されながら、みじめに生きていかざるをえないようなイメージというか予感は間違いなくあったけどさ・・・


  しかし、まさかここまで壊滅的にどうしようもない展開になるとは思わなかったよな・・・


  もちろん最初っから最後まで全部僕がいけなかったんだけどさ・・・ 


  それはよーくわかってるよ・・・ わかってるんだけどね・・・




「いつもいつも応援クリックしていただいて皆様ありがとうございます」
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
スポンサーサイト

theme : ひきこもり
genre : 心と身体

tag : ひきこもり ダメ 無能

comment

Secre

No title

呼び鈴や電話を無視するのは結構わかります。
自分に対する用事じゃないのが明らかで、
結局あとで来てもらうなり電話かけてもらうことになりますから。
ただ、その度に極度の緊張感が襲ってくるのなら心労が絶えませんね。
何かリラックスできる方法があるといいのですが。

No title

精神科の薬で自殺できるとは限りませんよ。
精神科の薬で植物人間になった人に保険金を
払ったことがありますから。
植物人間になったら、もう自殺もできなくなりますよ。
早く薬と手を切ったほうがいいですよ。
薬のおかげで恐怖感が消え元気に働けるように
なりましたというのであれば薬の服用を止めはしない
ですけど、現実にはそのような効果はないですよね?
これからもずっと薬づけの生活を続けるのですか?
まあ製薬会社や精神科医にとってはいい金ヅルに
なるのだろうけど。
イドムさんは絵心もあるし、文章も上手いので雑誌に
連載とかできそうなのに。本当にもったいないなあ。。。
そういえば実家の近くでひとり暮らしの男性が餓死
していたそうです。ひとり暮らしのため発見されたのが
遅れたみたいですが。
いざとなったら餓死という選択肢がありますよね。
せめて生きている間だけは自分をいじめないでほしい。
難しいことですけどね。
コメント欄で掃除をすすめてくれている方がいましたよね。
私は昔からストレスがたまると掃除とか部屋の模様替え
をしています。
部屋がきれいになると本当に気持ちがいいです。
あとチャイムや電話は完全無視でいいと思います。
宅配会社の人は不在通知いれるのなんて日常茶飯事の
ことだし、ビクビクする必要もないですよ。

No title

分かります!
  「ピンポーン!!!」
ものすっごい緊張しますよね。私もアレ苦手です。。

太陽の光を浴びると、夜寝やすくなりますよ。

No title

はじめまして~。
イドムくんの気持ち、わかる気がします。
わたしも対面して恐怖感やオドオドした感情になりますから。
だから、緊張で、気分が悪くなることがしょっちゅうです。
電話は留守録にしとけばいいですよ。本当に用ならメッセージ入れますしね。
宅配も、家族がいるときに再度きてもらえばいいから、居留守でいいですよ。
なんだったら、家族の帰宅時間以降にくるように、貼り紙しとくとか。
少なくとも、家にいるときに、リラックスできるといいんですけどね~。
むしろ、家から離れた、人が少ない場所のほうが、リラックスできるってことはないですかね~?
公園みたいな所とか。。

日向夏とどをさまへ

いつも見に来ていただいて本当に感謝です。



リラックスですか・・・永遠のテーマですね・・・

りんごさまへ

いつもいつもコメントまでしていただいて本当にありがとうございます。




そもそも餓死できるほどの根性があったらこんなことには・・・

マルボロさまへ

再度のご来訪ありがとうございます。





太陽の光ですか・・・

太陽発電みたいにソーラーエネルギーを吸収して元気が出れば最高なんですよね・・・

あいすのんさまへ

初コメントありがとうございます。



リラックスできる場所ですか・・・


死後の世界にならあるのかも・・・

就職を

手伝ってくれる人とか、
職業訓練施設とかあればいいのですけどね。

イドムさんの状態や、どういう経緯でいまの状態があるのかわかりませんが、
自分の力だけで、社会復帰できるようには見えません。
(少なくとも文章からは)

誰か手を差し伸べてくれる人があれば、
兄弟やら、お医者様やら、自治体やら、なんでも利用してみると良いと思います。
(まったく周囲の状況などわからぬ状態で、勝手なコメントをさせて頂いたことをお許しください)

No title

いざとなったら餓死という選択肢があるというのは
お母さんが亡くなったときのことです。
お母さんがなくなったら自決することに決めている
とあったので。
首つりや薬の服用による自殺を考えるよりは
お母さんがなくなるまでは、のらりくらりと毎日を
やり過ごし、いざ亡くなったら餓死でもすればいいや
ぐらいに考えることで、少しは気持ちが楽になることも
あるのかなあと思ったので。
ゲームやマンガで時間をつぶすのはいいと思いますよ。
テレビを一日中見るわけにもいかないですもんね。
本当は外を散歩して体を動かし、体を疲れさせるように
もっていってほしいんですけど、今はブログを更新するのが
精一杯と書いていましたもんね。
ところでデパスとか、まとめて飲むのは絶対やめたほうが
いいですよ!!!!!
あとアルコールやグレープフルーツジュースにより
思いもよらない強い副作用が出ることが知られて
いますので、これらは飲まないでくださいね。
でも薬をのまなくても、極限まで頑張れば気絶するような
形でぐっすり眠れることもあるかもしれませんよ。
下記を参考にしてみてくださいね。
http://allabout.co.jp/health/diabetes/closeup/CU20050717A/index2.htm

No title

外に出ることや人と接することが苦痛でも、自分が食べた後の食器を洗うことくらいできるのではないでしょうか。お母さんの負担も軽くなるでしょうし、それをすれば一歩前進、という感じがします。

あすむさまへ

初コメントありがとうございます。




お許しくださいなんてとんでもないですよ。

わざわざ見に来ていただけただけでも大感謝です。

りんごさまへ

わざわざ補足説明していただいてありがとうございました。



グレープフルーツってけっこう危険なんですね。

全然知らなかった・・・

mayoさまへ

わざわざ来ていただいて本当にありがとうございます。



ご指摘は確かにそのとおりですね・・・

何も言えません・・・

No title

挑夢さんへ。
         報告です。

重~い腰をあげて始めたバイト探し。
今日で4社目落ちましたぁぁぁあ!!なんだろこの気分。。
フー!
明日は掃除をしようと思います。
恥ずかしさと悔しさと情けなさかな?この気分。。
(勝手に私事でスイマセン。なんか気持ちが参ってしまって)

あの、でも頑張ります。多分。今のところ多分。w


眠りの質。

熟睡できるように眠剤を調節したら少しは気持ちが落ち着くのではないでしょうか?
睡眠がきちんと取れないと心身ともに疲れてしまいますからね…
あと、薬の備蓄はだめですよー
きちんと飲まないと効きが悪くなりますから。

マルボロさまへ

わざわざご報告ありがとうございます。




3連敗の後でさらにチャレンジした精神力だけでも十分ものすごいと思うのですが・・・

あいさまへ

また来ていただいて本当にありがとうございます。



睡眠も難しいですよね・・・赤ん坊がうらやましい・・・
プロフィール

武者駆車師弟太

Author:武者駆車師弟太

バックナンバー
最初からお読みになりたい方は こちらからが便利です
ランキングに参加しています
いつも応援クリックして頂いて皆様ありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。