スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イドムくんのありえない1日 その5

いどむ5  50% 


靴底がありえないくらい限界まで削れに削れた、980円で買ったビジネスシューズをはいて、イドムくんは外に出ました。



もう軽く一週間は風呂に入っていませんが、自分では自分の体臭がどれだけやばいことになっているか全くわからないので、あまり気にしてはいません。



高校時代からずっと乗っている廃車同様のママチャリにまたがり、コンビニへと向かいます。






  ・・・さーて、今日はどこのコンビニに行こうか・・・


  セブンは立ち読み不可だから考えるまでもないし・・・


  この辺のコンビニはもうほとんど全部行きづらい状態だからなー・・・


  とりあえずどこも出禁になってはいないけど、何かどこの店に行っても、店員が僕を見る目がやたら冷たいんだよな・・・
  

  僕が店に入っても誰も「いらっしゃいませ」って言ってくれないし・・・


  まあろくにものを買わずに立ち読みだけで1時間とかねばってたら、店側もいい気がしないのは、あたりまえなんだろうとは思うけどさ・・・






今日は家から自転車で30分ほどの距離のファミマに行くことにしました。



ここは外国人の店員が多く、比較的イドムくんに対する態度がやわらかいような気がするからです。



しかし残念ながら今日も「いらっしゃいませ」はありませんでした。






  ううっ・・・ 僕の後に入ってきた人には、ちゃんとあいさつしている・・・


  僕に問題があるんだろうけど、この態度はちょっとあからさま過ぎなのでは・・・


  もしかして僕みたいなやつには、どんなメチャクチャな扱い方をしても大丈夫だと思っているのかな・・・


  まあ、一人前の人間としての、まともな扱いを社会に要求できるような資格が、僕に全く無いことは自覚してるけどさ・・・





  
店員の差別的な扱いに微妙に傷つきながらも、気力を奮い起こしてイドムくんは雑誌を手に取りました。



立ち読みをしている客は、他に高校生らしき少年3人がいました。



そしてそのうちの一人がイドムくんの存在に気づきました。





  うッ!・・・ 何よこのにおい・・・!? マジでヤバいんだけど・・・


  うわ、このオッサンだよ・・・ つーかこんなもろド汚い服でよく平気でこんなとこ入れるよな・・・


  ちょっとは周りの迷惑を考えろよ・・・






その高校生は、イドムくんに触らないように、急いで2メートルほど距離をとりました。



残りの高校生もそれに続くようにイドムくんから離れました。



しかしイドムくんも、彼らのさりげない動きに敏感に気づいていました。






  なぜ彼らは離れて行ったんだ・・・


  汗のにおいか・・・ それとも僕の見た目がキモかったからか・・・


  たぶん両方だろうな・・・


  まあいいや・・・ いつものパターンだし、こんなことでいちいち傷ついてたらもたないよ・・・








  ・・・でも・・・ やっぱり・・・ 傷つくよなあ・・・


  こういうのにはいつまでたっても慣れないよ・・・


  だったらちゃんと風呂に入ってきれいな服に着替えてから外に出ろよって話なんだが・・・






イドムくんは落ち込みつつも、何とか精神を立て直して、雑誌を読み始めました。



ヤンジャン、スピリッツ、少年ジャンプと、
いつもの順番で着々とノルマをこなしていきました。







  ・・・今日も一応面白かったことは面白かったんだが、この虚しさはいったい何なんだろう・・・


  やはり37にもなって無職で、しかも高校生と一緒に嬉々としてコンビニでジャンプを立ち読みしてるなんてのは、世間的に見たらゴミ以下の存在でしかないんだろうな・・・


  たぶん通常、僕くらいの年齢だったら、こんな200円程度の雑誌なんて全く躊躇せずに買って、家でゆっくり読むものなんだろう・・・


  いや、そもそもこの年齢でジャンプなんて読んでないか・・・


  いちいち雑誌で読まないで、興味のある作品だけ、単行本をまとめて買ったりするのかもな・・・




  ・・・まあ、今さら一般の人達と自分を比較してもしょうがないか・・・


  僕みたいなダメ人間が、ここからどんなに頑張ったって、一般の人になれるわけもないしな・・・




「いつもいつも応援クリックしていただいて皆様ありがとうございます」
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
スポンサーサイト

theme : ひきこもり
genre : 心と身体

tag : ひきこもり ダメ 無能

comment

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

武者駆車師弟太

Author:武者駆車師弟太

バックナンバー
最初からお読みになりたい方は こちらからが便利です
ランキングに参加しています
いつも応援クリックして頂いて皆様ありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。